ハーブガーデンコンディショナーとは

ハーブガーデンコンディショナーは口コミで髪の毛がサラサラになった・毛先のパサツキが直った・香りが良いと評価の高いコンディショナーです。

これはハーブガーデンコンディショナーに髪の表面を補修する効果だけでなく、髪の表面層(内部)に浸透し、髪の傷みを補修するトリートメント効果もあることを表しています。

一般的にはコンディショナーにはトリートメント効果はないと考えられている中で、どうしてハーブガーデンコンディショナーにはトリートメント効果があるのか?

また、ハーブガーデンコンディショナーはハーブガーデンシャンプーの欠点を補っているため共に使うことですごく効果が感じられます。

この、二つを詳しく解説していきますので、良かったら最後まで読んでみてください!

ハーブガーデンコンディショナーの髪の補修成分

ハーブガーデンシャンプーの欠点と言えば、ハーブガーデンシャンプーの成分解析で明らかにした通り、髪の補修成分が少ないことにあります。

この欠点を補っているハーブガーデンコンディショナー配合されている注目成分が加水分解エンドウタンパクとγ-ドコサラクトンです。

加水分解エンドウタンパクは髪表面のダメージ部分に集中的に吸着して修復させる性質があり、非常に高性能な効果を発揮するため、次世代のヘアケア成分と言われています。

γ-ドコサラクトンはドライヤーやヘアアイロンの熱に反応し、髪と結合し、髪のダメージを補修します。

ハーブガーデンシャンプーは洗い流さないトリートメントとしても使えるため、ドライヤーやヘアアイロン前に使用すると、髪がダメージを受けるどころか髪のダメージが補修されます。

ハーブガーデンのトリートメント効果

一般的にはコンディショナーには髪の表面層(内部)に浸透し、栄養を補給するトリートメント効果は得られないとされています。

しかし、ハーブガーデンではトリートメント効果が得られたという口コミが多いのはなぜか?

それは、高い浸透力のあるフルボ酸が配合されているからです。

フルボ酸とは

長い年月をかけて自然界で分解や重合を繰り返して出来るの大変貴重なミネラル・アミノ酸を含んだ有機物で、高い浸透力で植物が土壌から栄養を得やすくしています。

このフルボ酸の浸透力が26種類の植物エキスが髪の内部にまで浸透することを助けているため、ハーブガーデンにはトリートメント効果あるんです。

ハーブガーデンコンディショナーの使い方


ハーブガーデンコンディショナーは白色のクリームのようでした!

ハーブガーデンコンディショナーは1本で、なんと3つの役割をしてくれるそうです。

活用法その1 コンディショナー

シャンプーをした後、水気を軽く切ります。
手の平にコンディショナーをのばした後、毛先から、だんだん上へとなじませます。

活用法その2 ヘッドスパ

適量を手に取り、地肌に直接つけます。
フェイスライン、頭頂部、側頭部、首筋から上へとマッサージ。
血行が促進されリフレッシュできます!最後は洗い流しましょう。

活用法その3 洗い流さないトリートメント

ドライヤー前に、少量を手に取り、手の平にのばした後、毛先にまんべんなくつけます。
仕上がりがツルッとサラサラになります。

ハーブガーデンコンディショナーまとめ


シャンプーのみだとサラサラ系ですが、トリートメントを合わせるとしっかりとまとまり、ツヤがでてくる印象です。

元々クセ毛なのですが、改善されてます!

今回はハーブガーデンコンディショナーの特徴や魅力、そして実際に試してみての感想などをご紹介しました。

ハーブガーデンセットで使うことですごく効果を発揮し、環境や人に優しい事にこだわって作られていて、頭皮・髪をすこやかに保つのにおすすめのアイテムです!

頭皮や髪に悩みがある方も、ぜひ一度ハーブガーデンシャンプー&コンディショナーを試してみてください!